鍵の紛失はなぜ鍵屋がいい? ダイハツ・タント(L375系)鍵の全紛失からの作製 | KEYPRO(キープロ) | 福岡で車の合鍵作成・カギの紛失解錠は出張対応のKEYPRO(キープロ)

鍵の紛失はなぜ鍵屋がいい? ダイハツ・タント(L375系)鍵の全紛失からの作製

2020年11月03日

福岡市春日市にお住まいのお客様より、ダイハツ・L375系タントの
「スマートキー(鍵)の紛失からの作製」のご依頼を頂きました!ありがとうございます。

ダイハツ・タント(L375系)鍵の全紛失からの作製

 

鍵をなくされてKEYPROのホームページをご覧いただくお客様も非常に多いかと思いますが、

「車の鍵を無くした時にディーラーではなく、なぜ鍵屋に頼んだほうがいい?」

というお話を少しさせていただきます。

 

もちろん、各メーカーの自動車ディーラーでも鍵の作成も可能です。
一般的にイモビライザーが搭載されている鍵の場合は一部メーカーをのぞき、ディーラー様では「イモビライザーが搭載されているコンピューターの交換」が必要となります。

コンピューターの部品は車種等にもよりますが、10万円以上するコンピューターもあり非常に高額です。

 

そして鍵(メカニカルキーや鉄の部分の鍵)はディーラーで彫ることはできないので「工場での製造となり1週間ほどの納期」が必要となります。

 

ディーラーでのご依頼の場合のながれはこちらです。

①JAFなどのロードサービス会社にディーラーへ車をレッカーしてもらう

②キーシリンダーより鍵の製造番号(シリンダー番号)を取得し、鍵の注文、コンピューター部品の注文をする

(約1週間)

③新しいコンピューターに取り替えを行ってお客様に納品する

このような流れになり、ディーラー様では約10万円~20万円の費用と1週間前後の時間が必要となります。

 

KEYPROではイモビライザーコンピューターの交換なく、お車があるその場で復旧致します!

専用の機器を車に接続してイモビライザー情報の解析、書き込みが可能で費用も3分の1程度の費用となります。

 

 

 

 

今回のタントの場合の実例をご案内します!
基本的に鍵がない場合はイグニッションONにならないのでディーラー様でもコンピューターの接続ができません。

 

特殊な方法を行うことで、イグニッションONになります!

ダイハツ・タント(L375系)鍵の全紛失からの作製

先日、ダイハツのディーラー様より依頼があり、ディーラー整備工場のスタッフの方の前で
一度その作業をしたことがありますが、驚かれていました(笑)

 

 

コンピューターは交換せず、ダイハツのお車の場合はコンピューターのリセットを行います!
解析するよりもリセットして登録したほうが作業は早いです。

※一部リセットできないメーカー、車種もあります

ダイハツ・タント(L375系)鍵の全紛失からの作製

 

新しいスマートキーについても登録が完了です!

ダイハツ・タント(L375系)鍵の全紛失からの作製

 

ディーラーでは工場に注文の為、1週間の納期がかかるメカニカルキー(スマートキーの電池切れの際にドアを開ける為の鍵)も
KEYPROではその場でコンピューターマシーンを使って5分~10分で彫ります!

ダイハツ・タント(L375系)鍵の全紛失からの作製

手で彫らないので正確性が段違い!純正と同等品質となります!

 

ダイハツ・タント(L375系)鍵の全紛失からの作製

 

スマートキーの紛失からの登録も完了しました。
ディーラーで鍵の復旧の作業を行っても、KEYPROで鍵の復旧作業を行っても品質に違いはありません!

 

・ディーラーではレッカー搬送後1週間の時間がかかる

・ディーラーではイモビライザー搭載車はコンピューター交換が必要な為、高額な費用が発生

 

KEYPROでは、
「コンピューターの交換なく、お車があるその場で復旧し費用はディーラーの3分の1程度の費用」
で鍵の復旧が可能です!

 

お気軽にご相談ください!

KEYPRO STAFF BLOG

ブログで作業実績公開中